ブログ

2023.01.17

救われた言葉に今も励まされているー今の自分から大学浪人時代の自分ー

 先日、大学入試共通テストを受験された皆さま、本当にお疲れさまでした。

私も、今、思えば、二十数年前の私自身、人生で大きな挫折感を経験した頃です。

運か、実力か判りませんが、進学校と呼ばれる高校に入学でき、
とても明るい高校生活と思いきや、今、思い出せないくらい、大変、
退屈で窮屈な高校生活でした。
(本当に当時のことは、思い出せない程です)

よっし、大学生活は楽しもうと勉強に高校時代は、励みましたが、
力不足で、志望校に及ばず、浪人という選択をしました。

1年間の浪人生活をしましたが、ことごと志望校は、不合格で、
まさか、という大学に入学することになりました。

しかし、その思いもよらない大学、私の母校ですが、
とても環境もよく、とても楽しい、色々な人生経験が出来た四年間でした。

「無力だと思っても、無能だと思ってはいけない。
誰もが、人生のうちで、無力さを世の中から、嫌と言う程、思い知らされる。
そこからが勝負だ。」
これは、俳優の唐沢寿明さんが「ふたり」というエッセイを出版された際に
書籍の帯で作家の村上龍さんが書評したものです。

この言葉に本当に救われ、今でも励まされています。

最近、RADWINPSさんの曲で「正解」という歌の歌詞で、感銘を受けました。
令和の卒業式の歌の定番になるかもしれません。

「答えのある問題ばかり、解いてきたせいだろうか...」

実際に聴いて見て下さい。

スマホで検索して答えの出る問題には、興味がない。
本当に知りたい事の答えは、人生をかけて答えを出す事。

現在、世界中、混沌としてます。
今までの常識が非常識になる時代です。
だからこそ、面白いのだと思います。

今、私が思うのは、選択の岐路に立った時、
いつも、「きっかけ」をくれる方がいたから、
今の自分があるのだと思います。

その時、「答え」をくれる方だったら、
今の自分は、いないと思います。

大学受験という壁を感じている方もいらっしゃると思います。
今は、どうしようもなくても、その中にきっと、「きっかけ」があると
思います。
その方向に進んで下さい。

よーい、どん。