ブログ

2021.04.04

「俺ん家の~」

 3月一杯で芸能界を引退された長瀬智也さんが主演されていたドラマで、
最終回は、大きな展開がありました。

プロレスラーの長男が人間国宝の父親の家業を承継するはずが。。

この状況は、最近非常によく拝見します。

両親よりも、ご子息が先に他界されるというケースが実際にございます。
癌を患っていらっしゃって、手術されて、回復されたと思っていたら、
突然、体調が悪化して他界された50歳の方を最近、実際にお見受けしました。

後継者として、その方は頑張って癌と戦って克服されたと思っておりましたが、
突然の訃報でした。

この際に相続で「遺言書」については、ご両親は、お辛い作業ですが、
書き直す必要が出てきます。

しかし、「民事信託」をしておけば、契約の変更で大丈夫です。
1からのスタートをする必要はございません。
このような形で、「民事信託」の有用性を改めて実感するとは、
思いもしなかったです。

「民事信託」は、生きた契約です。
将来の突然の状況にも対応できます。

しかし、民事信託の設計者がきちんとしたリスクマネジメントを
行っているか否かにかかりますが。