お知らせ

2022.10.13

「健康保険証・自動車運転免許証、原則廃止へ」マイナンバーカードに集約へ

 海外の諸国より、日本のデジタル化が遅れをとっている中、
健康保険証、自動車運転免許証が原則廃止になり、マイナンバーカードに集約されるようです。

本人確認の際に、多くは、自動車運転免許証で本人確認をさせて頂いておりましたが、
顔写真のない健康保険証等の場合は、2点本人確認書類が必要でした。
(マイナンバーカードの表面で現在でも可能ですが)

今度は、健康保険証もマイナンバーカードに集約される事により、
本人確認書類も変わるでしょう。

おそらくは、個人データをマイナンバーカードに集約させることに
より、政府は色々な面で個人情報を集約しやすくなり、
行政サービスもスムーズに行くようになるでしょう。

しかし、この国民の個人情報というビックデータを国家が責任を持って
管理するということが、大前提ですが。

士業にとっても、マイナンバーカードの活用により、従来業務が消滅するでしょう。

でも、それも時代や世界からの遅れを取り戻すきっかけになればと、思います。

よ・つ・ば親愛信託総合事務所岡山県司法書士会