お知らせ

2022.09.09

【民事信託は認知症リスク対策だけではない!】分譲マンションにお住まいの方、信託の活用法があります。

 先日、お知らせしましたとおり、法務省も区分所有法につき、改正に動き出しました。

相続土地国庫帰属法が来年に、相続法の改正法(遺産分割協議の終期等)が来年に、
相続登記の義務化が再来年に、いよいよ施行されます。

私も色々な書籍を購入して、実務にどう活かせるか研究中ですが、
一番大きな問題になりそうなのは、「空きマンション問題」です。

少子高齢化時代にも関わらず、大規模なマンションが分譲マンションとして
建設、販売されています。

人口数がビラミッド型の頃は、将来の居住者も見込めましたが、
現在の日本の人口構造は、ピラミッド構造ではありません。

近い将来、住む人間がいない「廃墟」になるマンションも少なくはないでしょう。

しかし、マンションを管理運用する者が決まっていれば、そういった問題も
軽減できるでしょう。

そこで、現在、「小中規模マンションオーナー向けの民事信託活用法」について、
企画しており、いずれは、書籍化したいと思っております。

手遅れにならない前に、是非、対策を!

よ・つ・ば親愛信託総合事務所岡山県司法書士会