お知らせ

2020.09.04

【会社経営者の方へ】会社のホールディングス化を勧められている方!ちょっと待った!

 会社の事業承継や企業再編で金融機関その顧問(法律専門家)から『ホールディングス化』を勧められている、
経営者の方、少し待って下さい。

何等かのメリットがあるので『ホールディングス化』を勧めている金融機関やその顧問がいると思います。
特に事業承継やバブル期に会社を設立して、一本化したい経営者の方もいらっしゃると思います。

しかし、従来の会社法の方式で『ホールディングス化』を進めると、結局、親会社を新たに設立することに
なり、株式会社ですと、必ず、株主が存在する事になり、株主は会社の所有権者ですからオーナーです。
この『株式』という所有権を軸に事業承継や組織再編を考えると、デメリットも生じます。
(本事業は黒字だが、子会社が経営の起動に乗れなく赤字になって、結局、ホールディングス全体も
赤字になってしまった)

新たな提案があります!
一般社団法人と株式親愛信託を活用すれば、スムーズにより完結にホールディングス化を実現できます。

この手法は、私が副代表を務めている協同組合親愛トラスト(よ・つ・ばグループ)にしか、
ご提案できないと思います。
『後継者をどうしようか』『数ある会社をどうしようか』と、心配事がある経営者の方、
今一度、ご提案されている、金融機関や法律専門家、税理士から勧められている案を
再検討されませんか?

医学の分野と同じように、法務の分野もセカンドオピニオンの時代です。

是非、ご興味のある方は、ご一報下さい。
お待ちしております。

よ・つ・ば親愛信託総合事務所