お知らせ

2020.08.26

【不動産を多数所有の方へ】コロナ禍で流動資産へのご準備に!

 日経新聞の朝刊に「生命保険解約 コロナで急増」と記事がありました。
やはり、流動資産の現金を手元に置いておく経営者の方が増えているように思います。

日本で不動産を所有の方は、80%は、ご高齢の方と言われております。

万が一、認知症等になられた時のために、不動産を所有の方は、民事(親愛)信託をご提案致します。
民事信託については、昨今、様々な情報が飛び交っておりますが、始めの「受益者」を所有者の方に
しておくと、特に支障なく財産管理ができます。

というより、ご自身で不動産の管理をしなくてもよくなり、信頼できる方に託し、
その後も、その不動産については、相続によらずに、信託契約によって、次世代に
貴方が決めた方に承継することが、可能になります。
(その際は、「みなし相続税」がかかる場合がありますが、信託したからといって、
税金が高くなるわけでは、ございません。逆に節税にはなりません)

是非、不動産を所有されて、将来に不安、心配事がある方は、当事務所まで、
ご相談ください。

お待ちしております。

よ・つ・ば親愛信託総合事務所