企業法務・事業承継

「企業法務」「事業承継」は、きちんとした「かかりつけ専門家」を持ちましょう!

 「企業法務」「事業承継」の分野は、医学で例えると「歯科」の分野に該当すると考えます。
人間には「自然治癒力」という能力を備えています。よって、ちょっとした怪我や風邪は、その「治癒力」で回復することができます。

 しかし、「歯」は、その「自然治癒力」を兼ね備えておりません。

「虫歯」は、放置しておくと悪化する一途をたどり、痛くなくなったと感じた時は、「虫歯」が治ったのではなく、神経までが悪化してしまっているという状況です。
 「虫歯」にならないためにも、毎日の自分でのケア、かかりつけ歯科医の「定期健診」を受診して「虫歯」にならないように、気をつける必要があります。

「人間の歯」と同じように「企業」「個人事業主」の方も同じことが言えます。

「法人(企業)」には、「人間(自然人)の治癒力」は、持ち備えておりません。
きちんとした専門家がその時代、会社の状況に応じて適切な「処置=対策」を、しておかなければ、「重症化=経営悪化」に陥ります。

 その前に、日頃から、適切なアドバイスをしてくれる専門家(法務、税務、財務、労務)が必要となってきます。
 「我が社は、長年のベテランのしっかりした先生にお願いしているから大丈夫だよ」と、多くの経営者はおっしゃいますが、「月に一度でも、その先生と面談してお話していますか?その顧問等の専門家は、悩み、心配事を聴いて、貴社の事でアドバイス、情報提供を受けていますか?」
 現在、稀に見るほどの法改正がされております。これは中小企業問わず、適用される法律も含んでおります。この法改正のきちんとした適切な貴社へのアドバイスを現在の専門家はお付き合いしている顧問等の専門家はして下さっていますか? 『ベテランである』『経験豊富な専門家』といいますが、
 現状、『少子高齢化社会』という誰もが経験したことのない社会には、かつての『経験・実績』は、さほど価値を見出せない社会になっている現状がございます。
 人間、長い付き合いを重視します。私もそうです。しかし、法律の改正、時代の流れ、会社の状況のアドバイスは、適切な情報を貴社に適切に伝えてくれる専門家が必要となってきます。

 幣事務所では、法務以外にも、税理士、財務コンサルタント、生命保険の専門家といった信頼できる方々と連携して、業務に携わっております。
 是非、「会社に虫歯」が出来る前に、現在のお付き合いある専門家のご提案と、我々のご提案を比較して下さい。
きっと、新たな視点のご提案を我々は出来ると確信しております。

よ・つ・ば親愛信託総合事務所協同組合親愛トラスト